EDは年齢に関係なく発症する!

勃起不全や勃起時の硬度、早漏など男性器の悩みは様々あります。
これらはデリケートな問題であり、気軽に誰かに相談できるようなものではありません。
そして、これらの悩みを抱えている人は意外と少なくありません。

EDは年齢と共に悩みを抱える人が多くなる印象があります。
しかし、EDの原因は加齢だけではありません。
確かに年齢も要因の一つとして考えられますが、年齢に関係なくEDになる人もいます。

ストレスに悩まされる男性近年EDの原因として話題になっているのがストレスです。
現代はストレス社会と言われていて、社会の中でストレスを抱え込んでしまいます。
日本人の約60%の人が、仕事や職業に関して不安やストレスを持っているという統計データがあります。
そのストレスが男性器にも影響を与えてしまっていると考えられています。

人間の勃起は性欲によって刺激された脳が、勃起の指令を出す事で始まります。
しかしストレスには、この性欲の発生を抑制してしまいます。

仕事のストレスには、時間に対する自由と責任の重さに分けられるとされています。
その中でも、時間に対する自由のストレスが性機能に悪影響を与えていると考えられています。
会社への滞在時間が長時間化するほど、性機能への悪影響が高まると指摘されています。
また、この影響は年齢が若ければ若い程顕著に現れてしまいます。

ストレスによるEDの改善は、治療薬で図ることも可能です。
ED治療薬はストレスなどによる心因性EDにも効果的だとされています。
ストレスによってEDになり、そのEDが更にストレスになるという悪循環も存在します。
その悪循環を断ち切るためにも、ED治療薬は効果的だと言えます。
男性機能の低下は自信の低下に繋がり、様々なモチベーションを奪ってしまいます。
早急な対応が望ましいと言えます。

あわせて読みたい記事