出産後に夫がEDになる?

人間は子孫を繁栄するのが使命だとされています。
子孫繁栄をしてきた歴史があるから、今の私たちが存在します。
子孫繁栄の源になっているのは、三大欲求の一つである性欲です。

性欲は子孫繁栄に大事な欲求ですが、性生活を楽しむのにも必要な欲求です。
これによりストレスの解消や、快感で満たすことが可能になります。
相手とのコミュニケーションを円滑にさせたり、相手との仲が深まるとされています。

性生活を充実させるには、お互いが健康でなくてはなりません。
しかし、現代では健康状態ではない夫婦が増えてきています。
また、結婚してから異性として相手を見られなくなったちうケースもあります。

妻を女性として見ることができなくなる男性妻を女性として見ることができなくなり、セックスレスになるパターンは少なくありません。
セックスレスになると、夫婦の交流が一つ減ってしまいます。
また、性行為を断ってしまうと相手側も徐々に不満が溜まってきてしまいます。
これにより夫婦間がぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

セックスレスにより性行為から長い間離れてしまうと、それが原因でEDになることもあります。
男性の性的興奮が弱まってしまい、相手との性行為ができなくなってしまいます。
また、結婚して妊娠や出産をすると、相手を異性として意識できなくなることもあります。
仕事などの疲れやストレスなどの要因も重なってしまうこともあります。
この様なことが重なってしまうと、夫婦間の関係はどんどん悪化してしまいます。

異性として意識ができない理由の一つに、マンネリ化があります。
いつも同じ相手と性行為をしていては、確かに飽きが生じてしまいます。
マンネリ化を改善するためにも、いつもとは違う何かを取り入れてみましょう。
ED治療薬を服用して性行為に臨んでみるのも、マンネリ化解消やED解消の選択肢の一つになります。

あわせて読みたい記事