バイアグラは、世界で最も愛用されているED治療薬と言っても過言ではありません。
名前だけでも聞いたことがある人は多いはずです。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社で開発されたED治療薬です。
シルデナフィルと呼ばれる成分を含んでいて、勃起を抑制する酵素の働きを阻害します。
また、男性器周辺の神経に作用して血管を拡張するので、効率よく男性器の血流を良くします。
EDは勃起を抑制する酵素によって発症するので、バイアグラはED改善に有効な治療薬だと言えます。
バイアグラは肺動脈性肺高血圧症の治療薬にも使用されています。

正しくバイアグラを服用するには、空腹時に服用する必要があります。
性行為の1時間前に服用することが大切です。
シルデナフィルは血液に吸収されることで効果を発揮します。

バイアグラを食後に服用すると、胃や腸に付着した食べ物の油分によって効果を体感しにくいです。
油によってシルデナフィルが取り込まれてしまい、そのまま排出されていまいます。
そのため、食前に服用することが望ましいとされています。

食前でもバイアグラの効果を体感できないケースもあります。
服用する数時間前に脂っこい料理を食べてしまった場合などが当てはまります。
一般的に食事から2時間経過すると、胃の中が空っぽになると言われています。
しかし脂っこい食事の場合、2時間経過しても脂が付着したままの状態になってしまいます。
その場合は最低でも6時間以上の経過を待つ必要があります。

バイアグラを服用してから約30分から1時間後に効果を体感できます。
その後約3時間後にピーク時の半分の効果になります。
バイアグラを服用する際には、シルデナフィルの作用について十分理解して正しく服用しましょう。

あわせて読みたい記事