シアリスの副作用に注目してみよう

シアリスは効果が緩やかに発揮されるため、副作用が発症する可能性は低いです。
それでも例外なく副作用自体は存在します。

バイアグラやレビトラは服用から30分から1時間程度で効果を発揮します。
シアリスと比較した場合、とても即効性があると言えます。
シアリスは服用から効果を発揮するまで、約3時間程度かかるとされています。
その代わり効果が1日以上続くので、ED治療薬として効果が低いわけではありません。
これにより副作用が出にくいとされています。

シアリスの副作用に悩まされる男性シアリスは臨床試験においても、いくつかの副作用が確認されています。
比較的現れやすい副作用が、頭痛やほてりになります。
また、消化不良なども発症しやすいとされています。
臨床試験では筋肉痛や背痛も確認されていて、この症状もよくみられます。

稀に起こる副作用としては視覚への影響があります。
眼痛や結膜炎などの影響のほか、色覚異常を引き起こす可能性もあります。

軽度の副作用であれば身体への影響は少ないので、気にならないのであれば使い続けても問題ありません。
使い続けることで副作用が収まる場合もあるので、ある程度の副作用は仕方ないと言えます。
しかし、副作用の程度が大きい場合はすぐに病院などで診察してもらいましょう。
また、異常を感じた際にはシアリスの服用を中止しましょう。

シアリスの副作用でそれほど強いものはありませんが、使用者の健康状態によっては注意が必要です。
健康状態によっては深刻な副作用が発症する可能性があります。
場合によってはシアリスの服用を禁止される場合もあります。
例えば、心血管系の病気を持っている人が挙げられます。
心筋梗塞などの副作用が発生する可能性があります。
また、脳梗塞や心不全などの病歴がある場合も、シアリスの服用は制限されます。

あわせて読みたい記事