うつ病はEDにかかりやすいが治療薬は併用できる?

1970年代後半に、うつ病とEDには強い結びつきがあるという報告がありました。
EDとうつ病は双方向に関連しています。
EDには身体的要因と心因的要因があり、その混合の可能性もあります。
うつ病にはそのいずれの可能性もあります。

うつ病の疑いがある男性うつ病の治療薬の副作用によってもEDが発症するケースがあります。
この治療薬を長期的に服用していると、勃起や射精ができなくなることがあります。
うつ病の薬にはSSRIやSNRIと呼ばれる種類があり、どちらでも同じことが起こる可能性があります。

精神安定剤を飲んでいる本人がEDだと気づかないケースもあります。
うつ病になると無気力になってしまい、性行為への関心も薄れてしまいます。
心療内科や精神科の医師には、薬の副作用を患者に伝えないことがあります。
副作用を伝えてしまうと、患者が副作用を恐れてしまい服用を嫌う傾向があるからです。

シアリスと精神安定剤を併用した場合、シアリスの効果が弱まる可能性があります。
用法用量を守っているのに効果を感じない場合は、精神安定剤が効果を阻害しているかもしれません。
薬の調整は、必ず薬を処方してもらっている病院で行いましょう。
自己判断で治療薬を併用したり中断すると、いい結果を生まないことが多いです。

基本的にはED治療薬とうつ病の治療薬で飲み合わせの悪い薬はありません。
シアリスなどの血管拡張作用は有効性が高いので、負けることは少ないです。
効果を確かめるために服用するのも一つの手段と言えます。
もし、効果が無い場合はうつ病の治療薬を見直してみましょう。

ED治療薬は心因性のEDでもプラスに効果が働くとされています。
もしうつ病とEDを併発してしまった場合は、まずはうつ病の回復を優先してからがいいでしょう。
その方が効果的にED治療薬を服用できます。

あわせて読みたい記事